収穫共済

半相殺方式

被害樹園地の減収分について農家単位に損害を把握する方式

果樹共済の種類等 対象共済事故 内容
減収総合方式 一般方式 風水害、干害、寒害、雪害その気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害による果実の減収 被害樹園地の果実の減収量(その樹園地の基準収穫量から収穫量を差し引いた数量)の合計がその農家の基準収穫量(その農家の樹園地ごとの基準収穫量の合計)の3割(※)を超えるときに共済金を支払います
短縮方式
特定危険方式 減収暴風雨方式 最大風速13.9メートル毎秒以上又は最大瞬間風速20.0メートル毎秒以上の暴風雨(以下「暴風雨」という)による果実の減収 特定された共済事故による被害樹園地ごとの果実の減収量の合計が、その農地の基準収穫量の2割を超えるときに共済金を支払います
減収ひょう害
方式
降ひょうによる果実の減収
減収凍霜害方式 凍傷又は降霜による果実の減収
減収暴風雨・
ひょう害方式
暴風雨又は降ひょうによる果実の減収
減収暴風雨・
ひょう害・凍霜害方式
暴風雨、降ひょう、凍傷又は降霜による果実の減収

全相殺方式

増収分と減収分を相殺して組合員単位に損害を把握する方式

果樹共済の種類等 対象共済事故 内容
減収方式 風水害、干害、寒害、雪害その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害による果実の減収 果実の減収量(その組合員の基準収穫量から収穫量を差し引いた数量)が、その組合員の基準収穫量の2割(※)を超えるときに共済金を支払います
品質方式 上記及び品質低下による減収

災害収入共済方式

対象共済事故 内容
風水害、干害、寒害、雪害その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害による果実の減収と品質の低下を伴う生産金額の減少 果実の減収又は品質の低下がある場合において、その組合員の生産金額が基準生産金額の8割(共済限度額)に達しないときに共済金を支払います

樹園地方式

被害樹園地ごとに損害を把握する方式

果樹共済の種類等 対象共済事故 内容
減収総合方式 一般方式 半相殺方式と同じ 樹園地ごとの減収量がその樹園地の基準収穫量の4割を超えるとき共済金を支払います
短縮方式 同上
特定危険方式 減収暴風雨方式 同上 樹園地ごとの減収量がその樹園地の基準収穫量の3割を超えるとき共済金を支払います
減収ひょう害
方式
同上
減収凍霜害方式 同上
減収暴風雨・
ひょう害方式
同上
減収暴風雨・
ひょう害・凍霜害方式
同上
    

※収穫共済における支払開始割合と補償限度割合

支払開始割合及び補償限度割合を選択できるようになり、上記はそれぞれの方式において最高の補償限度割合を選択した場合の支払開始割合です。
引受方式別び支払開始割合及び補償限度割合は以下の表となります。

引受方式 支払開始割合 補償限度割合
半相殺減収総合方式(一般・短縮) 30% 70%
40% 60%
50% 50%
樹園地減収総合方式(一般・短縮) 40% 60%
半相殺特定危険方式 20% 80%
樹園地特定危険方式 30% 70%
全相殺減収方式
全相殺品質方式
20% 70%
30% 60%
40% 50%
地域インデックス方式 10% 90%
20% 80%
30% 70%

樹体共済

対象共済事故 内容
風水害、干害、寒害、雪害その他気象上の原因(地震及び噴火を含む)による災害、火災、病虫害及び鳥獣害による樹体の枯死、流失、滅失、埋没及び損傷 樹種ごと農家ごとに、樹冠容積の2分の1以上の損害から被害樹として取り扱い、損害額が10万円を超えたとき、又は共済価格の1割を超えたときに共済金が支払われます