園芸施設共済は、令和2年9月の引受から必要な補償を1棟ごとに選択でき、より充実した補償内容になりました。

詳しくはこちらからご覧ください。